不在時でも荷物が受け取れる!注目度が高まる宅配ボックス

日中帯、家にいられないと荷物を受け取るのも難しくなります。宅配ボックスを設置できれば家にいなくとも荷物を受け取れ、その利便性が注目されています。

宅配ボックスとポストの違い

手軽で簡単に設置できる

宅配ボックスはダイアルロックの付いたボックスを玄関先に設置して使います。ボックスは玄関や柱にワイヤーで取り付けるため、工事不要で手軽に取り付けることができます。使わない時は取り外してしまうこともできるので邪魔にもなりません。

しっかり固定できるので天候変化に強い

宅配ポストは大きな郵便ポストを玄関先に設置するイメージになります。大きさや設置の仕方によっては個人での設置は難しく、工事が必要になります。堅牢なつくりになる宅配ポストは雨や風の影響を受けずに荷物を保管することができます。

便利に荷物を受け取れる

女性

インターネット通販が普及しましたが、その都度荷物を受け取らないといけません。配達時間に家にいなければ、再配達を依頼する必要があります。用事があったり子供の世話など余裕がない時もあるでしょう。そんな時の便利なアイテムが宅配ボックスです。宅配ボックスがあれば宅配業者が入れておくので不在の時でも荷物を受け取れます。個人宅でなくマンションに設置しても効果を発揮します。オンラインで管理されている宅配ボックスなら24時間監視します。トラブルが起きれば管理会社が対応するので管理人の負担も減ります。登録すればメールで通知されるタイプもあるので便利です。オフィスのセキュリティーのための導入も有りです。宅配業者がオフィスに入らずに荷物を受け取れるので安心です。複数設置すれば荷物を一括管理できます。ホームセンターやネットなどで売られているので導入を考えてみましょう。

セキュリティーの仕組み

宅配ボックスにも様々なタイプがあり、登場したての頃はダイヤル式が主流でした。扉にあるダイヤルに宅配業者が暗証番号の設定をします。暗証番号は郵便受けに投函して通知されます。 近年よく使われているのは液晶パネルのタイプです。液晶パネルに表示されるガイダンスに従って荷物を出し入れします。自主管理とオンライン管理がありますが仕組みは同じです。オンライン管理ではネットワーク会社につながり、万が一トラブルが起きてもポートが常時受けられます。また、マンション用と一戸建てでタイプが分かれています。例えば、オートロックのマンションなら取り出し口は内側にあります。配布されたカードを通して解錠するのでセキュリティー面も安心です。 戸建て用はワイヤーで玄関のドアノブに固定するものから大型の郵便受けのタイプもあります。安い製品では3~4万円で購入できます。

広告募集中